ニコチネルやチャンピックスを使った東大阪の禁煙外来

たばこを吸っていると、依存性が生じます。正確には、たばこに含まれているニコチンへの依存性です。禁煙に挑戦する多くの人が困難を感じたり挫折してしまう原因がこのニコチンに対する依存性です。
たばこを吸うと、ニコチンが脳の受容体に結合します。この時に脳の指令によって放出されるのがドーパミンという神経物質です。ドーパミンは快感を感じる物質なので、たばこはおいしいという学習につながります。逆にたばこを止めようとすると、体内のニコチンの量が少なくなりドーパミンが出なくなるニコチン切れの状態となります。快感物質が出ないので、集中力に欠けるなどの不快な症状が現れます。これがいわゆるたばこの禁断症状で、禁煙が難しい理由です。
そこで最近登場しているのが、医師が禁煙を支援する禁煙外来です。東大阪市にも、この禁煙外来を設置しているクリニックがあります。
禁煙外来で行われる治療のひとつに、ニコチン置換療法があります。これは、ニコチネルのような医療用のニコチンパッチを皮膚に貼り、禁断症状を起こさないレベルの量のニコチンをたばこに換えて体に補充しながらたばこを止めるやり方です。東大阪市の禁煙外来では、ニコチネルバッチで補充するニコチンの量を段階的に減らしていくというステップをふんだ治療も行っています。
また、経口の禁煙補助薬を用いた禁煙治療もあります。経口補助薬のひとつに、チャンピックスという薬があります。
チャンピックスは、ニコチネルパッチとは違ってニコチン成分は一切含まない医薬品です。チャンピックスを飲むとニコチンの代わりの薬効成分が受容体にくっついてドーパミンの分泌を促すので、ニコチンの禁断症状を抑えることができます。またチャンピックスを服用していると、たばこをおいしいと感じなくなる効能もあるのでよりいっそう禁煙しやすくなります。
東大阪の禁煙外来でも、チャンピックスを使った禁煙治療が受けられます。

ページトップへ