小田原市は独自の禁煙方法を取り入れている

神奈川県の小田原市は禁煙に独自な方法で取り組んでいる自治体の一つです。
小田原市では「きれいなまちと良好な生活環境をつくる条例」の中にたばこのポイ捨てや歩行喫煙についての規制を加えました。
また、小田原駅周辺では喫煙自体できないので、例えば自分で灰皿を持参していても、立ち止まって喫煙する事もできないと定められています。
そして小田原市が独自に考案したのが「灰皿オーナー制度」です。
これは市と商店街の連合会が協力したもので、灰皿を一定の場所に設置するのですが、それにはそれぞれオーナーがおり、しっかり管理していくというものです。
これによって、ここを利用する人達のマナーがよくなり、効果を上げています。
この取り組みは神奈川県内の他市に広がったり東京都の自治体で参考にしたりするほど注目されています。
小田原市のこうした取り組みを受けて市内の多くの病院で禁煙に取り組んでいます。
規模の大きな病院の中では小田原市民病院で禁煙外来を開設し、各科の医師が協力して対応にあたっています。
また、西湘病院では専門外来として禁煙外来を設置しています。
禁煙はこうして病院で病気として治療を受ける必要があるのです。
外来で禁煙治療を受ける際、飲み薬であるチャンピックスが用いられます。
このチャンピックスは医師の処方箋がなくては買えない薬で大変効果的ですが、その分効能が強く、飲んでイライラしたり不安になったり気分が落ち込んだりする、いわゆる自律神経失調症の症状が出ることがあります。
また、このような自律神経失調症的な症状をそもそも持っている人は、さらにそれが強まることがあります。
病院での外来禁煙治療では数週間おきに診察を受けますが、もしチャンピックスを服用したことで自律神経失調症の症状が出た場合には、医師に説明して指示を受けるのが、禁煙を成功させる事自体にもつながるでしょう。

ページトップへ